津田塾フォーラム

トップページ津田塾フォーラム終了したプログラム一覧 > アフガニスタン女性教員支援プロジェクト 希望の学校 ―アフガニスタンの女性たちを支援するために―

アフガニスタン女性教員支援プロジェクト 希望の学校 ―アフガニスタンの女性たちを支援するために―

内容

講師 日時 場所 定員 受講料
(税込)
スルタニ・トロペカイ、スルタニ・ライリー 2006年11月21日(火)
18:00~19:30
小平キャンパス
2号館 2101教室
100人 無料(申込要)

主な内容

津田塾大学は、アフガニスタンの女子教育支援を目的とした五女子大学コンソーシアム(お茶の水女子大学、津田塾大学、東京女子大学、奈良女子大学、日本女子大学)のメンバーとして、2002年度からアフガニスタンの女性教員を招いての研修プログラムを実施しております。

このたび、2002年からアフガニスタン女性教員研修で通訳を務められ、ご自身もアフガニスタンの女性たちのために「希望の学校」を設立し女性支援を続けていらっしゃるスルタニ・トロペカイ氏およびスルタニ・ライリー氏による講演会を企画いたしました。アフガニスタンの現状を知り、私たちのできる国際協力の可能性を一緒に探る機会にしたいと思います。

共催:五女子大学コンソーシアム
お茶の水女子大学、津田塾大学、東京女子大学、奈良女子大学、日本女子大学

講師のプロフィール

スルタニ・トロペカイ氏
1951年カブール生まれ。カブール大学卒業後、カブール市内短期大学で英語教師に。筑波大学大学院英語教育研究科卒業。2000年日本に帰化。現在、英語、ダリー語、パシュトー語の通訳として活躍。筑波大学教育開発協力研究センター学外研究員。お茶の水女子大学開発途上国女子教育協力センター客員助教授。

スルタニ・ライリー氏
1972年カブール生まれ。1977年両親の日本留学により来日。筑波大学第3学群国際関係学類卒業。
大学卒業後、父親の経営するパミール英語英会話教室にて4年間英語講師を勤める。
1998年有限会社ノマドにてテレビ番組のリサーチ、構成を勤める。1999年南アフリカ大使館に勤務。
2000年ペルシャ語、ダリ語の通訳・翻訳を開始。2003年通訳・翻訳業をメインとするボンズインターナショナル有限会社を設立。現在は外国人向けの情報サイトの企画・運営事業も行っている

申込・問い合わせ先

津田塾大学交流館事務室

Tel:042-342-5146

Fax:042-342-5109

E-mail:forum@tsuda.ac.jp

ホームページ:http:///koryukan.tsuda.ac.jp

  • 津田塾フォーラム
  • 実施中のプログラム一覧
  • 終了したプログラム一覧
  • 受講申込・受講料支払方法

ページの先頭へ